中国バイオ・医薬ニュース 海洋生物由来の臨床経腸栄養製品を中国国内生産

MENU

海洋生物由来の臨床経腸栄養製品を中国国内生産へ

出典:科学技術日報(2013年10月28日)

 

 中国科学院南海海洋研究所の孫恢礼氏およびそのチームは、海洋生物由来の臨床経腸栄養製品の国内量産化に成功した。
 コア技術及び製品について、国内外の関連特許を取得した。中国国内の大手製薬会社と協力について協議中である。
 臨床栄養サポートは、患者の特別な栄養ニーズによって供給し、体調回復を促す手段として、国内外で広く使用されている。経腸栄養サポート関連研究の急速な発展をきっかけとして、入院患者からの臨床経腸栄養製品の需要が大幅に増加しているが、中国で流通している臨床経腸栄養製品は、主に外国からの輸入品である。
 臨床経腸栄養製品の原材料は主に陸生の動植物及びその抽出物である。独立した知的財産権と国際競争力を有する製品は欠如していた。
 一方、頻発なインフルエンザ、口蹄疫等鳥や他の家畜の伝染病が原因で、伝統的な食品原材料の安全性リスクが高まりつつあり、アミノ酸の価値は低く、機能及び成分も限定的であるなどの欠点があるため、臨床経腸栄養製品の需要に応えることが難しい。しかも、陸生植物ベースのアミノ酸の含有量は少なく、栄養成分は単一で、バランスがよくないため、臨床経腸栄養製品の需要に応えることができない。海洋性経腸栄養製品は前記の欠点がなく、技術と産業の国際的な空白を埋めた。
 孫恢礼氏及びそのチームの海洋活性物質を大規模で環境にやさしい抽出及び分離する技術によって、海洋性活性物質と陸生性活性物質の複合技術関連の特許戦争の壁を破り、”源海”生物海洋美容化粧品シリーズを開発することができた。