中国法律ニュース 刑法修正案の審議を開始

MENU

刑法修正案の審議が始まる

 中国は、1997年に刑法に対して全面的な改正を行い、その後も8回にわたり改正をしています。現行の中国刑法は、犯罪と刑罰について規定する法律を統一し、日本刑法に比べて包括性が高く、行為の結果を重視していると言われています。
 10月27日、中国全国人民代表大会常務委員会により新しい刑法修正案の審議が始まりました。修正案では、腐敗行為の罰を厳しくし、死刑に適用する罪状を減らしたということです。今回はこのニュースをご紹介します。

 

 中国政法大学の阮斉林(ルアン・チーリン)教授によると、今回は主に2つの面で刑法を改正した。「社会の進歩に伴い、新たな社会問題が生じたので、新しい犯罪類別と犯罪名を追加した。また、実情に沿っていない法律の不具合を改正した。」
 「2011年に打ち出した刑法改正案が経済性非暴力犯罪の13の死刑を廃止したうえ、今回は、死刑に適用する罪状をさらに減らした。」と阮教授が述べた。現代社会において、「死刑」は極端な処罰と認識されつつあり、死刑を減らすために、まず法律上に死刑に適用する罪状を減らさなければならない。非暴力犯罪から暴力犯罪へ死刑の罪状を廃止していくという。
 また、新しい修正案では腐敗行為の罰をさらに厳しくした。中国社会科学院中国廉政研究センターの高波(ゴー・ボー)副秘書長は、「国際慣例から見れば、刑法は腐敗を防止するための有力な手段である。しかし、腐敗行為に対する認定や、量刑の考量、不明財産の処理などの問題を解決しなければならない」と指摘した。

 

出所:中国広播網 2014年10月27日

 

 新しい修正案では、インターネットの安全性を高め、個人情報を保護するために偽情報作成・発信の罪状を加えたようです。また、テロによる犯罪に対して財産刑を追加したとのことです。 

中国法律ニュースのトップページはこちら(バックナンバーなど)

法律関連文書の中国語翻訳に関するページはこちらをご参照ください