中国法律ニュース 「十三五」期間の計画策定について

MENU

サービス貿易発展に注力する中国、「十三五」期間の計画策定

近年、サービス貿易の伸びが著しい中国。2015年のサービス貿易額は7,529億ドルで、世界ランキングは2位に上昇。十三五(2016年~2020年)期間は更なる発展が見込まれています。
これを踏まえ、2017年3月2日、商務部をはじめとする13部門が共同で≪サービス貿易発展の「十三五」計画≫(商服貿発[2017]76号)を公布しました。
全世界を上回るペースでのサービス貿易のスピーディな成長を図り、技術・知識集約型の高付加価値なサービス輸出の比率を引き上げ、労働集約型及び中国独自のサービス輸出のアドバンテージをより強固なものにしたい考えです。

 

地域戦略としては、北京市・上海市・広東省にサービス貿易のコアエリアを設け、周辺地域を含めたけん引を図ります。さらに東北地区、福建省、広西チワン族自治区など近隣国・地域との窓口となる地域を通じて、国際協力も積極的に進めたい考えです。内陸部でも、科学技術の研究開発拠点を数多く擁する西北地区でビッグデータのサービスブランド構築を目指すなど、各地域の特色を生かしたサービス貿易の発展を目指しています。

 

中国の物流サービス

また、重要課題として、伝統的サービス(旅行、輸送、建築など)の輸出を安定的に引き上げるとともに、技術・知識集約型の新興サービス分野(通信、金融、保険、コンピュータ・情報、コンサルティング、研究開発設計、知的財産権、省エネルギー、認証など)を積極的に育成することが挙げられています。国際競争力を有するサービス貿易企業の育成も課題の1つです。

さらにサービス貿易分野でもイノベーションを重視し、クロスボーダー決済の積極的な導入や、業種の枠を超えたコラボレーションなどによる新たなサービス分野・業態の発展を図る考えです。
またサービス市場を国際的レベルまで引き上げるため、対外開放も積極的に推進する方針です。今後、金融・電信・教育・文化といったサービス業分野の開放をさらに進め、養育・介護・建築設計・会計監査・ビジネス物流などのサービス業分野への外資参入制限を徐々に緩和の予定。グローバルなサービス企業の誘致も積極的に進めたい考えです。

 

本計画で挙げられているサービス貿易発展の重点分野は以下の通りです。中国がこの先海外企業との提携や外資系企業・外国人材の誘致などを強化したい分野とも考えられるため、今後の中国事業戦略を検討する上でのご参考となれば幸いです。

  1. 物流・運輸サービス
  2. ①海運・港湾 ②航空輸送 ③鉄道輸送 ④EMS ⑤国際貨物輸送代理

  3. 旅行サービス
  4. 建築・工事サービス
  5. 省エネルギー・環境保護サービス
  6. エネルギーサービス
  7. 金融サービス
  8. ①銀行 ②証券 ③保険

  9. 情報通信サービス
  10. 技術貿易
  11. 知的財産権サービス
  12. ビジネスサービス
  13. ①会計サービス ②法律サービス ③展示サービス ④人材サービス

  14. 個人・文化娯楽サービス
  15. ①文化サービス ②スポーツサービス ③教育サービス ④医療サービス

  16. 国際サービスアウトソーシング

 

計画の中国語原文はこちらをご参照ください。

 

関連リンク

中国法律ニュースのトップページはこちら(バックナンバーなど)

環境・エネルギー分野の中国語翻訳に関するページはこちら

金融・会計分野の中国語翻訳に関するページはこちら

法務分野の中国語翻訳に関するページはこちら